HOME > 相談支援 > 宇都宮圏域障害者就業・生活支援センター

宇都宮圏域障害者就業・生活支援センター

*国・県からの委託事業になります*

障害者就業・生活支援センターとは?

『一般企業で働きたい。』という希望のある方からのご相談を受けて雇用・福祉・教育などの関係機関と協力しながら、一般企業への就職のための支援を行なうところです。
また、すでに一般企業で働いてみえる方についても長く働き続けるための支援を行なっています。

利用登録までの流れ

相談の予約


電話をかけて相談する日を予約してください。(でんわ:028-678-3256)
受付時間は、月曜日~金曜日の 9:00~17:00 までです。
それ以外の時間は留守番電話またはFAXでの受付となります。(FAX:028-678-3257)
留守番電話、FAX時はお名前とご連絡先をお願いします。こちらから連絡させて頂きます。
予約なしで来所して頂く場合、専任スタッフの外勤などによる不在、他相談者の面談などでお時間の
 調節が難しい場合などがありますので、まずはお電話などでお問い合わせください。

※ご希望に合わせてご家庭や職場などへの訪問も可能です。

相談


予約した相談の日に直接センター(待ち合わせ場所)までお越し下さい。
あなたお一人でもかまいませんし、ご家族の方やその他の方とご一緒にいらっしゃっても大丈夫です。
障害者手帳をお持ちの方は持ってきて下さい。
ご自身の『働きたい気持ち』や「働いている中で困っている」などの現状などを聞かせてください。
当センターでお手伝いできることを説明させて頂きます。

利用登録


当センターでお手伝いできることを知って頂いたうえで、ご自身にとって当センターの支援が必要だと思われたら利用登録を行ってください。
『必要でないかも?』と思われた場合は、登録をしなくても大丈夫です。

聞き取り・計画


仕事の経験や生活のことなどを聞かせて頂き、今のご自身の状態を知ることで、何から始めればいいのかを一緒に確認していき、計画を立てていきます。

職業準備支援


仕事の経験や生活のことなどを聞かせて頂き、今のご自身の状態を知ることで、何から始めればいいのかを一緒に確認していき、計画を立てていきます。

祝 就職
就職定着支援


実際に就職し、仕事に早く慣れることができるように支援していきます。
また、就職後の色々な悩みなどの相談に応じて職場訪問をするなど、仕事が続けられるように支援していきます。

※ 生活支援

仕事を長く続けていくために必要な生活面の支援を行います。
健康管理や金銭管理はもとより、土日の過ごし方などリフレッシュのための余暇の支援なども必要に応じて行っていきます。
電話相談や家庭訪問などを行っていきます。

※ 離職時・離職後支援

どうしても働きつづけることが難しい場合には、安心して次の職場にチャレンジできるように支援していきます。

利用して頂ける方

宇都宮市内にお住まいで障害を持ってみえる方(障害の種別は問いません。)
*手帳を持っていない方でも、(取るかどうかを迷ってみえる方、これから取ろうとしている方、手帳を
 取ろうと思っていたが取れなかった方など)まずはご相談下さい。
『働きたい』『働き続けたい』という意欲があり、『働く為』『働き続ける為』に必要な事に取り組もうとされる方。

相談・支援に関するお金は0円(無料)です

ただし、求職活動の際の交通費や実習の際のテキスト代や保険料などはご自身でご負担して頂くことに
 なる場合があります。

個人情報の取り扱いについて

当センターで教えて頂いた個人に関する情報については、守秘義務によって保護されます。
ただし、関係機関との連携をとる際により良い支援につなげることを目的として個人に関する情報を
 提供する事があります。その際は、事前に必ずご本人の意向をお伺いします。

ページトップへ